煎茶道教室

黄檗売茶流で大切なことは 人に恥をかかせないこと

茶道を体験して、わからなくて恥ずかしい思いをしてしまったりしたことはありませんか?黄檗売茶流はお客様も社中にも誰も恥をかかせないことを、とても大切なこととしています。

この理念に基づき、唐木岱仙の煎茶道教室では、
美しい所作の習得を通して当流の立居振舞いや心持ちを習得していただけます。

「一碗のお茶を通じてお互いの心を大切に」

の精神をお茶会やお稽古で学び、楽しんでください。

正座をしない

黄檗売茶流では、大きく二つの理由で正座を完全にやめております。
一つは、現代人の体格では正座で足を痛めてしまうこと、足を痛め正座ができない方でも同じように茶道を続けられるようにということです。
もう一つは、当流家元の「文化は交流しないと枯渇する」という考えからであります。
海外の方々にも正座を求めることなく、同等に茶道を経験していただくことで
本当の意味での文化交流のスタートに立てると考えます。

副業としてのお茶の先生をめざせます

「週末や夕方に副業としてお茶の先生をする」ということもめざせます。特に唐木岱仙は師範会会長をしていますので、「先生を目指すにはどうしたらいいか」「先生になってからどのように教室を運営したらよいか」の疑問にも答えますし、万全のサポートをいたします。

和の習い事をはじめましょう

唐木岱仙の煎茶道教室では、二つの入り口をご用意しております。
まずは体験と思う方はお茶の淹れ方講座をまずは受講ください。
最初から本格的にと思われる方は、まずはお稽古を見学していただいてからのご検討をお勧めいたします。

どちらも気楽に楽しくできますので、お気になさらず受講してください。
お稽古の見学は随時行っております。お気軽にお問合せ下さい。